2010年02月02日

「楽観できない」 失業率改善について鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は29日、昨年12月の完全失業率(季節調整値)が0・1ポイント改善し5・1%になったことについて、「全然、楽観はできない。まだ5%を超えている。多くの国民が働きたいけれども働けない状況は変わっていない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。 

 首相は「(雇用を維持する企業を支援する)雇用調整助成金の拡充などの補正予算が昨日成立した。早く執行する。来年度予算(案)を早くあげて、早く執行する。働きたい方々の就職ができる環境を何としても作り上げていく努力が大切だ」と述べ、来年度予算案の早期成立に全力を挙げる考えを示した。

【関連記事】
09年の失業率、5・1%に大幅悪化 6年ぶりの高水準
トヨタの加州工場閉鎖で100人がデモ
世界経済、2010年は2.7%成長見通し「回復弱い」
派遣で生活55歳の新左翼活動家、失業手当を詐取容疑
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論

「四条畷」→「四條畷」に数億円? JR、依然変更されず(産経新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(2)現代美術作家 ヤノベケンジさん(産経新聞)
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力(産経新聞)
がら〜ん 関空にゴーストカウンター 減便響き閉鎖相次ぐ(産経新聞)
答申後に意見書提出へ−診療報酬改定で日病協(医療介護CBニュース)
posted by ぷちばくだん at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)

 国民新党代表の亀井金融相は25日、衛星放送BS11の番組で、小沢民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件に関して「今の国民は相当数が大脳皮質で冷静に判断する能力をお持ちでない。新聞が『けしからん』と書いたりすると、その人(小沢氏)が何を言っても耳を貸さない」と述べた。

鳥取連続不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 連続殺人に発展か(産経新聞)
<鳩山首相>「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く(毎日新聞)
子ども手当は満額支給、官房長官が強調(読売新聞)
【中医協】有床診の後方病床機能を評価(医療介護CBニュース)
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も−原口総務相(時事通信)
posted by ぷちばくだん at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。