2010年01月13日

<ウナギ>祖先は深海魚? 川を遡上、海で産卵の謎解明も(毎日新聞)

 淡水で成長するウナギは、深い海に生息していた祖先から進化した可能性が高いことを、東京大海洋研究所などが遺伝子解析で突き止めた。海で生まれたウナギは川に上り、再び海に戻って産卵するユニークな回遊ルートをとるが、二つの異なる環境で生息する謎の解明につながりそうだ。6日付の英科学誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に掲載された。

 ニホンウナギを含むウナギ属は19種ある。いずれも川や湖など淡水で成長した後、数千キロも移動し外洋で産卵する。同大などの最近の調査で、ニホンウナギはグアム島近くのマリアナ諸島付近が産卵場所だと特定された。

 同研究所の西田睦教授(分子海洋生物学)らはウナギがどのように進化し、なぜ川と海を行き来するようになったのかを解明するため、ウナギやその近縁種計56種の遺伝子を解析、全塩基配列を明らかにした。その結果、浅い海に生息し外見はウナギとよく似ているアナゴやハモ、ウツボよりも、ウナギと名がつくもののウナギ属ではないシギウナギ、ノコバウナギなどの深海魚に配列が近かった。

 研究チームは、深海に生息していたウナギの祖先が、深海よりも餌の豊富な熱帯や亜熱帯の淡水域にたどり着き、そこで成長するように進化したと推測。一方で、産卵場所にはすみ慣れた敵の少ない深海を選んだことが、回遊ルートの起源とみている。

 研究チームの東京大の塚本勝巳教授(海洋生物学)は「長年の謎だった回遊行動の出発点が分かった。08年の水産庁調査でも、マリアナ諸島の深海でニホンウナギの親が見つかるなど、さまざまな野外調査の結果とも合致する」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
シーラカンス:稚魚の撮影に成功…世界初 福島の水族館
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
挑戦のとき/13 海洋研究開発機構研究員・阿部なつ江さん
地球温暖化:小型貝危機 北極海の酸性化進む
リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で /富山

ひろしのブログ
花吹雪
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by ぷちばくだん at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普天間移設「現行計画以外に選択肢ない」 米高官、石破氏と会談(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】訪米中の自民党の石破茂政調会長は6日、国家安全保障会議(NSC)のベーダー・アジア上級部長やキャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補と相次いで会談し、日米同盟の重要性で一致した。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、米側は代替施設を同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に建設するとした現行計画について「多くの可能性を検討した後に出した結論だ」として、現行計画以外の選択肢はないとの米政府の立場を重ねて強調した。

 移設先に関し、鳩山由紀夫首相が5月まで結論を先送りしていることについて、グレグソン次官補は「時期が遅くなればなるほど解決は難しくなる」と指摘。その上で「(昨年11月の日米首脳会談で合意した)日米同盟の深化に関する協議が進められていない状況は残念だ」と語った。

 一連の会談後、石破氏はワシントン市内で記者会見し、今月24日投開票の名護市長選を念頭に、「鳩山政権はこの問題を一地方に委ねようとしており、政府として極めて無責任だ」と批判した。

【関連記事】
現行計画の経緯を検証 沖縄基地問題検討委
普天間特命チーム発足へ 政務三役直属 防衛省
米軍機移駐中止を要請 嘉手納基地の地元3市町
普天間影響か 米の10大リスク5位に「日本」 トップは米中関係
藪中外務次官が訪米、普天間問題で意見交換へ

たかしのブログ
IT系よりNG系
債務整理・自己破産
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 比較
posted by ぷちばくだん at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。